元検事率いる弁護士集団が刑事告訴を全力サポートします

お気軽にお問い合わせください

携帯からも通話無料。24時間・土日受付中

弁護士に依頼するメリット

的確な法的構成

特に詐欺、恐喝、横領、背任などの事案では、どの犯罪として構成するか、どの事実がどの構成要件に該当するか、法的判断の巧拙が問われます。弁護士では、事実関係や証拠の収集状況などをもとに、的確な法的構成を行い、充実した内容の告訴状を作成することが期待できます。

有効な証拠の提示

的確な法的構成を前提に、有効な証拠の選定することが期待できるほか、 弁護士会を通じた照会手続を利用して、新たな証拠を収集できる場合があります。

受理に向けた交渉

実情として、十分な告訴状を作成しても、捜査機関が受理に消極的なケースが、多々あります。 これは、受理した場合、捜査機関に捜査を行う義務の負担が生じることのほか、捜査機関が誤った見通しで捜査を開始することに慎重であることなどが理由と考えられます。弁護士では、不当な受理拒否を回避し、より確実な見通しを示して、有効な説得活動を行うことができます。

お悩み別

事件別刑事事件被害者 弁護方針

オーセンスの強み

オーセンスの強み:チーム制・専門性・実績

弁護士は具体的に何をする?

解決事例